ナポリタンは、スパゲッティをタマネギ、ピーマン等と共にケチャップで炒めた、日本の洋食。 中世ナポリの屋台で出されていたというパスタ料理を日本の洋食料理人が再現したものが大衆化したものである。 バブル期以前の昭和日本では、喫茶店、軽食堂などで広く提供されていたほか、家庭的なおそうざいとして喫食される庶民の味であった。
wikipediaより

実際に作ってみました!

ナポリタン

自分の味付けが一番のような気が。

本場ナポリ(イタリア)のナポリタン
スパゲッティ・アッラ・ナポレターナ(Spaghetti alla Napoletana)スパゲティ・アッラ・ナポレターナ(ドイツ語版)は、ニンニクの香りを移したオリーブ油にトマトとバジルを加えて煮込み裏ごししたソース(すなわちナポレターノソースRagù napoletano)をスパゲッティに絡めた料理である。
ナポレターノソースは、トマトソースまたはポモドーロソースとは異なる(トマトソースは刻みタマネギ、セロリ、ローリエが入り、バジルは必ずしも入らない)
wikipediaより

いろいろ地域によってあるそうです。

やっぱり日本人は、喫茶店のナポリタンスパゲティが最高です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation