ふりかけのコンテストってあるんですね。
今年は、いか昆布が優勝だとかで、まあ同じ魚介で捕食者と餌の関係で、味の相性はいいでしょうね。
来年も注目です。

北海道から鹿児島県まで22都道府県の全国40のふりかけメーカーが日本一を競う「全国ふりかけグランプリ2014」が熊本県合志市の公園で開催された。
ふりかけは大正時代に熊本で生まれたとされ、全国のふりかけが一堂に会して日本一を競うのは初めて。
主催した「くまもとFURIKAKEプロジェクト実行委員会」によると、25日からの2日間で約3万人が来場。300円で投票券が付いたご飯を購入し、各メーカーのふりかけを試食。一番おいしいと思ったふりかけに一票を投じ、上位8位まで公表された。

  • 1位 「いか昆布」(兵庫県、澤田食品)
  • 2位 「梅の実ひじき」(福岡県、太宰府えとや)
  • 3位 「納豆ふりかけ」(熊本県、通宝海苔)
  • 4位 「博多辛子めんたい粉」(福岡県、井口食品)
  • 5位 「贅沢ふりかけ」(熊本県、住吉海苔本舗)
  • 6位 「枕崎かつお三昧 ピリ辛旨味」(鹿児島県、丸俊)
  • 7位 「ふりかけポンズ」(愛媛県、旭醤油)
  • 8位 「桜えびふりかけ」(静岡県、磯駒海苔)

全国ふりかけグランプリ2014のイベントデータ
2014年10月25日(土)~2014年10月26日(日) 熊本県農業公園カントリーパーク
料金は、ご飯パック300円がかかります。
※会場にごはんの持ち込みはできません。

公式サイト
http://www.furikake-gp.com/

今年のB-1グランプリ2014の結果はこちらより↓
http://www.b-kyu.info/b-1.php

[adrotate banner=”2″]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Post Navigation