b-1グランプリ 十和田

会場には3日と4日の2日間でおよそ33万4000人が訪れ、使い終わった割り箸を投票箱に入れて、その重さによって順位を決めました。
その結果、グランプリには、辛みのきいたタンタン麺を提供した、千葉県勝浦市の「熱血!!勝浦タンタンメン船団」が選ばれ、長さ75センチの大きな「金の箸」がトロフィーとして贈られました。
2位には、甘辛いタレに漬け込んで焼いた豚肉を提供した、長崎県対馬市の「対馬とんちゃん部隊」が、3位には、大きなギョーザを提供した、三重県津市の「津ぎょうざ小学校」が選ばれました。
B-1グランプリの次の大会は再来年に開催する予定で、来年は別の形のイベントを首都圏で開催する計画です。

結果は

1位「勝浦タンタンメン」
2位「上対馬とんちゃん」
3位「津ぎょうざ」
4位「今治焼豚玉子飯」
5位「田川ホルモン鍋」

ということでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Post Navigation