吉野家の戦略が明らかになりました。
安い居酒屋のメニューには異論がありますが。。。

大手牛丼チェーンの吉野家は9日、一部店舗を活用し、居酒屋「吉呑み(よしのみ)」の運営に本格的に乗り出す方針を明らかにした。対象店舗は東京都のほか、大阪、名古屋、福岡など大都市の20~30店舗程度となる見通し。低価格のつまみをそろえ、仕事帰りに軽く一杯飲みたい客の取り込みを図る。
 吉野家の牛丼店は以前からビールなどは提供していたが、居酒屋としては営業していなかった。100~500円で牛すじの煮込みやまぐろの刺し身、キムチなどが食べられるほか、吉野家の通常メニューも注文できる。
 居酒屋の営業地域は、主に駅周辺やオフィス街に立地し、1階と2階がある店舗の2階部分。これまで客が少ない夜は閉めていたが、夕方以降は、居酒屋に切り替え有効活用する。1階は牛丼店の営業を続ける。 

[adrotate banner=”2″]

みなさんはいかがでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Post Navigation