こんなニュースが飛び込んできました。

牛の生レバーを提供したとして、京都・祇園の焼き肉店の経営者らが食品衛生法違反の疑いで逮捕された事件を受け、京都市は27日、京都市東山区の焼き肉店「祇園焼肉 志(こころ)」を無期限の営業禁止処分とした。
市は26日に経営者に聞き取り調査を実施。食品衛生法に違反し、牛のレバーを生食用として客に提供した事実を確認したという。

処分は重いと思いますが、法律なんで致し方無いところです。
生レバー解禁を待ち望んでいます・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Post Navigation