ガチャを回して出た食券でメニューが決まる」というまさかの発想で注目を浴びた「ガチャめし」(関連記事)が、兵庫県・丹波篠山の「西紀サービスエリア下り線」で8月5日、いよいよスタートしました。

西紀サービスエリアの担当者によると、初日の朝10時から夕方までで、1回500円のガチャが70回以上回されたとのこと。利用者の半分ほどが家族連れで「当たった!」「それ良いやんか!」と盛り上がっていたとか。他にも三重から1人で来たという男性の方や、60代と30代くらいのお母さんと息子さんがそろってガチャを回す光景などが見られたそうです。

また大当たりが出て鐘が鳴ったとき「食堂じゅうが拍手で包まれる」という、思わぬハートウォーミングなシーンもあったとか。夕方までで大当たりの「但馬牛、但馬牛うどん・そばセット(2100円)」が出たのは3組。「これ、ホントに良いの?」「ホントに当たるんだ」「めっちゃおトクやん!」と、歓声があがっていたそうです。

ちなみに何が当たったかは、実際に料理を受け取る段階にならないと分からない仕組み。ただし最低でも600円相当のメニューが当たるため、お客側は絶対に損をしないシステムになっています。ちなみにメニューのランクは4段階に分かれており、排出率は上から順に「A:7% B:10% C:50% D:33%」とのこと。

上記、記事より

食べたいものを食べたいと思いますが・・・。

暑いので、食べる気力があるものは、「冷やしうどん」か「ざるそば」や「冷麺」ぐらいに限られてきます。

とり天・ちく天冷やしおろしうどん

麺の量は、1.5玉にしました。
ちく天はトッピングにての追加です。

ごちそうさまでした。

大阪にある「大阪馬刺屋」(野里店)にて
馬刺し赤身(100g)、フタエゴ(100g)を購入し、盛り付けました。

赤身はクセもなく、フタエゴは食感があり食べごたえがありました。

HP
http://banikuya.jp/shoplist/r2nozato/

また、会員にもなりましたので度々購入しようと考えています!

おおさか馬刺しの会 会員証

メニューはこちら

食べ方も裏面にあります。

バサシ、最高!

サッポロビールは、「ヱビスビール<冷やすと変わる>デザイン缶」と「ヱビス 華みやび<冷やすと変わる>デザイン缶」(各350ml/500ml缶)を7月11日より数量限定で発売する。

冷やす前

「<冷やすと変わる>デザイン缶」は、アサガオを印象的に描き、夏らしさを演出したデザインで、10℃以下に冷やすとアサガオが白色から紫色に変化する。今までは白色から桃色に変化していたが、今回初めて紫色に変化する。また、色の変化が飲みごろ温度の合図となり、よりおいしくヱビスビールを楽しむことができる。なお、同社では、ビールを飲む際の適温は、4~8℃(冷蔵庫で5~6時間)を目安として、夏はやや低め、冬はやや高めを推奨している。

冷やした後

試してみようと思います。

香川県丸亀市は、昔は珍しかった骨付き鶏もも焼きの発祥の地。
「丸亀骨付き鳥」は、鶏の骨付きもも肉をオーブン釜などで焼き上げたもの。

「ひなどり」「おやどり」の2種類があり、「ひなどり」は柔らかく弾力があってジューシーで、「おやどり」はコリコリとした地鶏のような噛みごたえ、歯ごたえがある。どちらも皮がパリッと香ばしく、中の肉は肉汁があふれるほどふっくら。かぶりつくと肉汁があふれ出て美味。
ビールとの相性も抜群なのでおつまみとしても最高の一品。

写真は「おやどり」です。

とても硬いですが、歯ごたえもありお酒のあてに最高です。
また、余ったアブラにおにぎりをつけて食べました。

こちらでも紹介されています。
http://www.b-kyu.info/detail.php?id=5013

ごちそうさまでした。

mello yelloの復刻版を飲みました
コカ・コーラ社が販売している柑橘風味の炭酸飲料です。

“鮮やかな黄色と酸味と甘みのブレンドによる複雑な味に特徴がある。
日本では1983年に販売開始(アメリカでは1979年)。松居直美のCMによる当時のキャッチコピーは「とっても訳せない味」であった。バレンシアオレンジ果汁1%が入っていた。”

mello yello

mello yello裏面

ごちそうさまでした!