永谷園から2017年3月21日(火)、シュークリーム専門店「ビアードパパの作りたて工房」のシュークリームをイメージした缶入りドリンク、その名も「ビアードパパの飲むシュークリーム」が登場。

永谷園では初となる、缶入りのコールド飲料として登場するのが、この「ビアードパパの飲むシュークリーム」。ビアードパパのシュークリームで使われている人気のクリームを忠実に再現し、まったりとしたシュークリームならではの味わいが楽しめるというこのドリンクは、「缶飲料のスイーツ系ラインアップは、意外にも男性の支持が高いというデータから、今回は男性をターゲットとし、小腹がすいた時、甘いもので一息つきたい時に、ひんやりあま~く癒される味わいに仕上げました。」と永谷園が記しているとおり、意外にも男性がターゲットとされている模様。

製品も珍しいが、永谷園からの発売も珍しいですね。

永谷園は10月26日から、同社史上初となる缶入りみそ汁「1本でしじみ70個分のちから 缶みそ汁」をコンビニで発売する。価格は121円(税別)。
「1杯でしじみ70個分のちから みそ汁」は、調味みその一部に「発酵オルニチンみそ」を使用した即席みそ汁。2009年秋の発売以来、手軽にオルニチンが摂取できることから、これまでの即席みそ汁市場になかった新たな健康価値のある商品として人気を呼んでいる。その反響を受け、これまで同シリーズではオルニチン含有のスープ・お吸いものなどをシリーズ展開してきた。
今回登場する「1本でしじみ70個分のちから 缶みそ汁」は、同シリーズ、および永谷園みそ汁商品史上初の缶タイプのみそ汁

1本でしじみ70個分のちから 缶みそ汁

これは、二日酔いの日に重宝されそうです。