新大阪で新幹線で食べようと思い弁当購入予定を立てました。
いろいろあるなかから大阪なんで「大阪弁当」を選択しました!

パッケージはこんな感じで超ド派手!です。

大阪弁当

中身はと言うと、

大阪弁当・中身

串かつ、焼きそば、つくね、卵焼き(大阪城の刻印付き)、かまぼこ、煮物に、たこ焼きが付きます。
ご飯は加薬(かやく)ご飯(炊き込みご飯)となっています。

820円でした。
ごちそうさまでした!

東京駅にて、日本橋茅場町 鳥徳の鳥鰻弁当を買いました。

日本橋茅場町 鳥徳ホームページ
http://www.toritoku.com/

鳥鰻弁当

味は薄めですが、炭の香ばしさがとても感じられる一品です。
あと、ドリンクのほうが、ビール500mlと赤ワイン1本、ハイボール500mlがあったので

「こぶてん」をつまみに飲み干しました。

こぶてん

こぶてんとは、カリッとした歯ごたえが意外と癖になる触感の国産昆布を天ぷらスナックです。
以下で紹介されています。
http://www.b-kyu.info/detail.php?id=5264

次の日は軽く二日酔いでした。
ごちそうさまでした。

新世界グリル梵のヘレカツサンド
新世界グリル梵のヘレカツサンド

地方へお戻りの大事なお客様への大阪らしい手土産として、ヒレカツサンドを帰りの新幹線のお供に・・・
ハーフ1,050円

一芳亭のしゅうまい
一芳亭のしゅうまい

小麦粉で作られた普通の皮で包むのではなく、手製の薄焼き卵で作った皮でひとつひとつ丁寧に包んでおります。
戦後、小麦粉が手に入らず、薄焼き卵を代用したのが始まりで今でもその製法でしゅうまいを作っております。
中の具は、豚ミンチ肉、エビ、タマネギのみじん切りを塩、コショウ、しゅうゆなどで味付けし、片栗粉でつないだもので、至ってシンプルです。ただ、こだわりとして、やわらかな甘みを出すために淡路島産のタマネギを使っています。

15入 1,000円

と説明がある通り、かなりシンプルな味わいでした。

はい、ごちそうさまでした。

今回は、深夜食堂の第一話「赤いウインナーと卵焼き」をコラボしたお弁当です。

赤ウインナーと玉子焼き

赤ウインナーと玉子焼き

  • 深夜食堂は、安倍夜郎による日本の漫画作品。2006年10月に小学館発行の漫画雑誌『ビッグコミックオリジナル増刊』に読切一挙3話掲載で初登場。それ以降、1回に2話掲載、出張宣伝漫画などを経て、2007年8月からは『ビッグコミックオリジナル』で連載されている。