セブン―イレブン・ジャパン(東京)は20日、2015年に店頭でのドーナツ販売を始める方針を明らかにした。全国約1万7000店に温度管理ができる専用のケースを設置し、1個100円程度で販売する。14年度中に約6億杯に達するセルフ式コーヒーとの相性が良いと判断した。
すでに11月から大阪や京都などを中心に「セブンカフェドーナツ」の名称で「もちもちストロベリーリングドーナツ」など6種類を試験販売している。年間約6億個の販売を目指す。
コンビニエンスストア最大手の進出で、既存の専門チェーン「ミスタードーナツ」などに影響を与えそうだ。 

 

コーヒーとかドーナッツでカフェOR喫茶化になるようですが、手広くやると人件費の問題などが生じてしまいますね。

 

[adrotate banner=”2″]