2015/10/10にリニューアルオープンした大阪王将(西九条店)に行ってきました。

大阪王将

焼きそば、餃子、揚げ焼売、焼き飯、唐揚げです。
道側の角の席で最高でした。

ごちそうさまでした。

リニューアルレポートはこちらに掲載されています↓
http://yychs.at.webry.info/201510/article_3.html

以前は餃子の王将レポートでした。

裏ワザ??スタバのコーヒーをタダでゲットする方法!?

スターバックス

スターバックスの店員によると、ある方法を使って毎日コーヒーを無料で飲んでいた客がいたそうです。スタバのシステムを逆手に取る、その驚きの方法とは…?
この客、スターバックスカードを365枚入手し、オンラインで365日分の誕生日を登録して、誕生日特典の「ドリンク無料」のサービスを毎日利用していたんだそうです。

何でも度が過ぎると分かってしまうものです。

牛丼からのシフトということで、ブランドが認知されているため展開はし易いと思います。
入りやすいという集客の観点からもコストが下げられると考えられています。
あとは定着できるかによると思います。

吉呑みメニュー

吉呑みメニュー


昼は通常の牛丼店だが、夕方から居酒屋スタイルに切り替わり、

「生ビール」(310円*キャンペーン価格)
「角ハイボール」(350円)
「焼酎(芋・麦)」(各300円)
といったアルコール類のほか

「まぐろ刺身」(300円)
「冷奴」(150円)
「牛すじ煮込み」(350円)
「メンチカツ」(350円)は揚げたてでサクサク。
など居酒屋の定番メニューが低価格で提供される。

[adrotate banner=”2″]

以下の見解ですが、利益を追求し過ぎた感があります。
まず、第一にワンオペですと、簡単な調理方法でも盛り方や提供の仕方が非常に荒くなってしまいます。
飲食店は、忙しい・暇の差が激しいので、
経営者は、人が慣れると暇な時でさえ雑になることの習慣を見据えた方がいいと思いました。

「すき家」の労働環境改善に関する第三者委員会(委員長・久保利英明弁護士)は7月31日、調査報告書を、すき家を経営するゼンショー側に手渡した。

報告書は、社員へのヒアリング・現場スタッフへのアンケートなどに基づいて、「すき家の運営は、法令違反であることはもとより、社員の生命、身体、精神に危険を及ぼす重大な状況に陥っていた」と認定。「過重労働問題等に対する“麻痺”が社内で蔓延し、『業界・社内の常識』が『社会の非常識』であることについての認識が全社的に欠如していた」と、経営側の認識不足を厳しく指摘した。

報告書はさらに踏み込み、「『昼夜を厭わず、生活のすべてを捧げて働き、生き残った者が経営幹部になる』というビジネスモデルが、その限界に達し、壁にぶつかったもの」と言及。経営層の意識改革を迫った。

●「ワンオペ廃止」も提言

「すき家」は、深夜業務を一人でこなす「ワンオペ」がネットで有名になり、従業員の労働環境への疑問の声が高まっていた。全国に約2000店を展開する同チェーンだが、今年2月~4月にかけては最大123店舗で、人手不足などにより一時休業や時間帯休業を実施することになった。

報告書では、この「ワンオペ」についても、「深夜時間帯の複数勤務体制を確立すべきである」として、廃止を提言した。

一方、社内アンケートでは会社を思う多くの声があがったとして、「すき家を支えていこう、変えていこうという思いを持ったクルーや社員の存在こそが、すき家の財産である。当委員会は、経営幹部が強い決意と危機感をもって、こうした貴重な「人財」を最大限に活かす経営を実現していくことを強く願っている」と結んだ。

この第三者委員会は、従業員の負担増が深刻化したことを重く受け止めるとして、ゼンショーホールディングスが今年5月7日に発足させていた。

第三者委員会は31日16時より、この内容について、東京都内で記者会見を行う。

調査報告書は、ゼンショーのウェブサイトで公開されている。

http://www.zensho.co.jp/jp/improve/

吉野家の戦略が明らかになりました。
安い居酒屋のメニューには異論がありますが。。。

大手牛丼チェーンの吉野家は9日、一部店舗を活用し、居酒屋「吉呑み(よしのみ)」の運営に本格的に乗り出す方針を明らかにした。対象店舗は東京都のほか、大阪、名古屋、福岡など大都市の20~30店舗程度となる見通し。低価格のつまみをそろえ、仕事帰りに軽く一杯飲みたい客の取り込みを図る。
 吉野家の牛丼店は以前からビールなどは提供していたが、居酒屋としては営業していなかった。100~500円で牛すじの煮込みやまぐろの刺し身、キムチなどが食べられるほか、吉野家の通常メニューも注文できる。
 居酒屋の営業地域は、主に駅周辺やオフィス街に立地し、1階と2階がある店舗の2階部分。これまで客が少ない夜は閉めていたが、夕方以降は、居酒屋に切り替え有効活用する。1階は牛丼店の営業を続ける。 

[adrotate banner=”2″]

みなさんはいかがでしょうか?

王将「前社長の遺志継ぐ」 殺害事件後初の株主総会

京都、滋賀でも27日、3月期決算の企業が株主総会を開いた。上場会社は今年最多の30社となった。王将フードサービス(京都市山科区)は、昨年12月の大東(おおひがし)隆行前社長殺害事件後初めての総会を東山区のホテルで開き、株主からは今後の経営体制や業績見通しなどについての質問が出た。(京都新聞)

<「餃子の王将」社長射殺>バイクで逃走か 19日事件半年

中華料理店「餃子の王将」を展開する王将フードサービス社長だった大東(おおひがし)隆行さん(当時72歳)が本社ビル(京都市山科区)前で射殺された事件で、犯行直後に現場から走り去ったとみられる車両がバイクである可能性が高いことが18日、京都府警捜査関係者への取材で分かった。府警は今後、車種の特定や詳しい逃走経路などについて調べを進める。事件は19日、発生から半年を迎える。

焼きめしと鶏の唐揚げ

焼きめしと鶏の唐揚げです。