外食店の運営において、注文(オーダー)を受けた料理はできるだけ早くお客に提供するのが望ましい。顧客満足度(CS)の観点はもちろん、お客をなるべく多く入れ替えて回転させることが、売り上げを稼ぐことにつながるためだ。
特にその傾向が重視されるのはラーメン店である。昨今の評判のラーメン店は、舌の肥えたお客を満足させるための味へのこだわりから、原価率が35%を超えることがほとんど。お客をできるだけ回転させ、いわゆる“薄利多売”にしないと黒字化できない傾向が顕著になっている。ましてや東京都区内など大都市は賃料も高く、そば店や居酒屋などとは違い、粗利の大きいアルコールの販売も期待できない。ラーメン自体の杯数を稼がないと運営が成り立たないといわれる。

オーダーを受けてから麺を作る

『麺や 七彩』は、なんとオーダーを受けてから「麺」を作り始める。小麦粉と水、かんすいを混ぜる、いわゆる“水回し”から始め、こねて、延ばして手切りし、そしてゆでる。時々、オーダー後にそばを打つお店もあるが、ラーメン店は「製麺してから数日置いて使用する」というのが常識とされる。しかもお客の回転を考えると、オーダーしてから作り始めるのは時間がかかりすぎる。
 ところが、そうした疑問について藤井氏は、「いえ、案外、早いんです」と一蹴する。『麺や七彩』ではうどん用の強力粉と水、かんすいを合わせて、お客の目の前で水回しを始めて、すぐに丸い麺魂にしてステンレスの軽い棒で伸ばし、うどん用の手動式包丁で切る。ゆで時間は4分程度。合計で10分もかからず、仕上がる。

ラーメン

ラーメン

また記事では、以下のようにまとめている

このように「スローフード」は現代の人々の食生活を根本から見直す意味合いを持つものだ。ひとりあたりへの提供時間が長くても、一度に作成する量を工夫するなどによって、話題性という集客ツールとなって、高い売り上げは実現可能だ。ファストフードが下火を迎えている今、飲食業界の新たなブームを牽引するかもしれない。

調理の方向性の違いですね、大量調理よりも味やコンセプトが伝わると思いますね。
バイトを雇ってという店では、難しいと思いますが。

札幌味噌拉麺専門店けやきのバターコーン味噌ラーメンです。

味噌ラーメン

札幌すすきのの行列の絶えない味噌ラーメン専門店。店主のテーマは「五感に訴える一品料理としてのラーメン」店主のこだわりでもある濁りのないスープは豚のゲンコツや親鳥を厳選した野菜と一緒に10時間以上煮込んで完成。旨味の凝縮したスープと中太縮れ麺の融合はまさに絶品です。

濃厚なスープにバターとコーンがマッチした一品。

新千歳空港の北海道ラーメン道場はその他いろいろな人気のラーメンがいっぱいあります。
ごちそうさまでした。

滝沢更科の「十割そば」は、そば湯まで出来上がる優れものの蕎麦です。
家庭で本格的に蕎麦を食べたいという方にとってはいいかもしれません。

香り豊かな良質のそば粉十割で丹念に作り上げた、自信の逸品です。そば本来の豊かな風味と、なめらかな食感、のどごしのよさをお楽しみいただけます。おいしいそば湯もあわせてお楽しみください。

十割そば

薬味は、一味なんかも合うと思います。

紹介ページ
http://www.nisshin.com/products/detail/4902110091076.html

[adrotate banner=”2″]

近くのスーパーで、長崎県フェアが行われていて、購入しました。

ちゃポリタン

ちゃんぽん用の麺と具を、ケチャップなどでナポリタンスパゲティ風に味付けしている長崎新名物。
ちゃんぽん麺と長崎市ではケチャップ消費量全国6位のケチャップを合わせて「ちゃ」んぽん麺で作った、ナ「ポリタン」。

まず付属の「かんぼこ」「ちくわ」を炒め(「ためねぎ」「ピーマン」を追加)てから
「ちゃんぽん麺」を追加し少量の水で解しながら炒め、最後に「ケッチャップソース」を入れます。

ちゃポリタン

お好みで、「粉チーズ」をかけて食べます。
麺が太いので、昔ながらの「ナポリタン」を想像してしまいます。

[adrotate banner=”2″]

ちゃポリタンの詳細は以下より
http://www.b-kyu.info/detail.php?id=4618

讃岐ざるうどん

讃岐うどん(さぬきうどん)は地域ブランドの一つで、香川県特産のうどんである。
小麦粉の切り麺であるうどんは香川にしかないものではなく、古来全国にあるが、讃岐は特にうどんのトップブランドとして広く認知されており、各地のうどんを紹介する際に「第二の讃岐うどん」といった表現が用いられたり、特にゆかりはなくとも「讃岐」「讃岐風」を謳われたりしている。

食べ方は「ざるうどん」か「ぶっかけ」の冷たいものがいいですね。
コシの感じ方が違います。

作り方として、材料:中力小麦粉、あら塩、水を混ぜて、踏んで、熟成させて、伸ばして、切ることです。
均等に切られていないと、食感が変わってくるのでそこはポイントです。

何回も繰り返して行うと、だんだんうまくできるようになります。

[adrotate banner=”2″]