鳥取県の境港まで行ってきました。妖怪と漁港の紹介になります。

JR米子駅から境港まで、境線で鬼太郎列車での移動になります。 座席にも妖怪が散りばめられていて、こだわりが感じられます。

鬼太郎列車

境線(さかいせん)は、鳥取県米子市の米子駅から境港市の境港駅に至る西日本旅客鉄道(JR西日本)の鉄道路線(地方交通線)である。

Wikipedia

漁港ということで海鮮丼をいただきました。写真は海鮮親子丼です。

食後には「すなば珈琲」でアイスコーヒー。ビッグサイズです。

すなば珈琲(すなばコーヒー)は、2014年4月、当時47都道府県で唯一スターバックスコーヒーがなかった鳥取県の鳥取市鳥取駅前に開業した、地元で展開する喫茶店である。平井伸治鳥取県知事の「鳥取にはスタバはないけど、日本一のスナバがある」という発言をもとに、地元企業「ぎんりんグループ」が開業した。2019年現在、鳥取県内に10店舗ある。

Wikipedia

足りないお腹を満たすために、 もさえび のホットサンドをいただきました。幻のえびと呼ばれている「もさえび」がふんだんにはいっています。

鳥取県ではクロザコエビのことを「もさえび」と称し、9月~5月に沖合底びき網漁で漁獲されます。カニシーズンと重なる時期が長く、隠れた存在になっています。弾力のある食感や旨味が強く、甘味は甘エビ以上ですが、鮮度劣化が早いため遠隔地への出荷は難しく地元でしか味わえない幻のエビです。

鳥取県公式サイト

そうこうしているうちに暗くなってきました、目玉おやじの外灯が灯ります。

特別に鬼太郎が現れました。

そして、最後には夜食でホテルにて夜泣きそばをいただきました。

翌日、目玉おやじ列車で帰りました。

ごちそうさまでした。

  1. ざるそば
  2. 馬刺し
  3. 寿司

1.昼食は和そばを茹でました。黒いそばで平たい麺です。

ざるそば
ざるそば


2.夜は、馬刺しを切りました。これはおろし生姜を薬味に熊本の甘めのたれでいただきます。

馬刺し
馬刺し

3.そしてシメは、にぎり寿司でした。

にぎり寿司
にぎり寿司

ごちそうさまでした!

いつもりようさせていただいている大阪梅田阪急百貨店B1向いにある「ポンガラカレー」をテイクアウトで購入いたしました。

http://www.pongalacurry.com/

カレーとご飯・副菜の容器は別で、スプーンも付いていました!

何度かお店で食べていますが、お持ち帰りが出来ることを知って、初めて利用しました。今回は、スリランカプレートの、ポークをチョイスしました。

開けるとこんな感じです!

食べた感想は、お店と一緒で、美味しいです。しかもお店で食べるよりカレーの量が多い気がします。

お店ではこんな感じのプレートです。ごちゃ混ぜでいただきます。

お店のスリランカプレートはこちら

ポンガラカレーはすごくヘルシー。
「健康」「美容」効果あり!!
スパイスは食べる漢方といわれています。腹痛の治療薬になるもの、肝機能を高める効果のもの、新陳代謝を高めるもの、ダイエット効果のあるものなどあります。スパイスの効能と香りを引き出すため試行錯誤を重ねた結果、当店には油分の少ないスープ状のカレーが多々あります。これはスパイスの効果を効率よく引き出し、おまけにカロリー抑えめという側面も持ち合わせています。

HPより

ごちそうさまでした。またお店でもいただきます!

愛知県名古屋市にて、まるやの「ひつまぶし」をいただきました。

まるや本店名駅店のひつまぶし

ひつまぶし(櫃まぶし)とは、ウナギの蒲焼を用いた日本の料理である。津市発祥説、名古屋市発祥説等がある。名古屋めしのひとつ。

1杯目は、そのまま。2杯目は、薬味で。3杯目は、お茶漬けで頂きます!

ごちそうさまでした!


新幹線の東京駅にて、出張帰りのお弁当を買いました!(ほぼアテになりますが)

中身はこちら、とほほパッケージからしたら、若干期待外れです・・・

気を取り戻して、こちらは最高大好きな高菜で巻かれています!

すっかり新横浜に着くことろには、完食していました。。。次の出張には計画的に行きたいものです。

サバデッシュ

2019/2/3、鯖専用日本酒サバデッシュで、鯖寿司(しかも鯖入恵方巻き)をいただきました!

鯖をより美味しく食べてもらう為に作った『鯖専用日本酒』です。
多種の日本酒のブレンドにより、酸度、アミノ酸が高く、サバの旨味をより楽しむ事ができ、また鯖の脂を洗い流す味わいに仕上げました。

http://www.ippin.co.jp/jp/items/itm_sabadeshu.html