キリン、地ビール最大手に出資=10月、商品力強化へ

キリンビールが10月にクラフトビール(地ビール)最大手のヤッホーブルーイング(長野県軽井沢町)の株式の3割超を取得することが24日、分かった。出資比率はヤッホーの親会社、星野リゾートに次ぐ2位となる。「よなよなエール」など人気商品を持つヤッホーの商品戦略や販売手法を吸収し、商品力を強化したい考えだ。(時事通信)

ということでしたが、個人的に気に入っている「水曜日のネコ(以下、写真)」や「インドの青鬼」が買いやすくなるのは賛成です。
品質は落とさないという条件はありますが。

水曜日のネコ

[adrotate banner=”2″]

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする