深み味わうヱビス

ヱビスビールのラインナップに、今回新しく「深み味わうヱビス」が仲間入りしました。
この「深み味わうヱビス」は、ヨーロッパ産の麦芽の中で旨みが特に強いものを使用し、
さらに約2倍(※当社比)の熟成期間をかけて旨みを引き出しています。
限定醸造ですので、お早めにお求めになって、この深いコクと飲みごたえを実感してください。

サッポロビールHPより
「深み味わうヱビス」
深み味わうヱビス

「冬のコク」
冬のコク

期間限定が最近多くなってきた。
この機会にどうでしょうか。

黒スタウトビールの代表格ともいえるギネス。
発表されたのは、これまでレシピに含まれていた、「魚の浮袋(チョウザメの浮袋)」の使用をやめるという方針。

ギネスビール

変更理由は、
ビーガンとよばれる完全菜食主義向けの対応とか。

魚の浮袋が入っていたとは気付きませんでした。
一年後まで今までのものが飲めるらしいです。

購入はコチラ↓

アサヒ黒生
アサヒビールは8日、1995年10月に発売したロングセラーの黒ビール「アサヒ黒生」の生産を終了したことを明らかにした。9月下旬に缶、瓶、業務用のたるとも生産を終え、販売店に通知した。
同社は2012年春、主力ブランド「スーパードライ」に黒ビール版の「スーパードライ ドライブラック」を追加。黒ビールも「ドライ」へのシフトを鮮明にし、販売力を強化する。「ドライブラック」は黒ビール本来のこくと、すっきりした後味を両立。スーパードライと同様、氷点下で温度管理ができる専用サーバーを飲食店に無償で貸し出している。

シフト先にあたる「ドライブラック」
ドライブラック

時代の流れというべきか…。

財務省は、ビール系飲料にかかる酒税の税額を統一し、ビールの定義も約110年ぶりに見直す方向だ。ビールより税金が安い「発泡酒」や「第3のビール」の 開発競争が過熱していたが、ビールを減税して名乗れる対象も広げることで、海外で通用するビール開発につなげたい考えだ。

いまの税額は350ミリ缶の場合、ビールが77円、麦芽比率が25%未満の発泡酒が47円、麦芽を使わないものもある第3のビールが28円。財務省は、 全体の税収が変わらない水準の55円を目安に税額をそろえたい考えだ。減税となるビールは小売価格が下がり、増税の発泡酒などは値上がりする可能性がある。年末にかけて与党やビール業界と調整し、来年度税制改正に盛り込むことをめざす。

発泡酒や第3のビールは、ビールの高い税金を払わないで済む飲料として商品化が進んだ。財務省は開発競争が進むと税収がさらに減りかねないとして、昨年から与党とともにビール系飲料の税額を統一する方向で検討してきた。

図

本格ビール党にとっては朗報になるだろうか。

写真素材のピクスタ

サントリーのビール『モルツ』が販売終了となるようです。
モルツ

サントリービールは6月23日、新ビールブランド「サントリー ザ・モルツ」を立ち上げ、9月8日より発売すると発表
1986年より販売してきた「モルツ」は終了となる。

ザ・モルツ

一つの時代の流れを感じられずにはいられません。。。

デリポートにて、「大人のお子様ランチ」を食べました。

大人のお子様ランチ

大人のお子様ランチ

デリポートは、JR大阪駅上。女性も気軽に立ち寄れるメニュー豊富なビアホールです。

ヒューガルデン始めベルギービール飲み放題もリーズナブル!名物は3色の彩りが食欲をそそるトルコライスや昔懐かしの味を再現した大人の『お子様ランチ』。素材にこだわりオーソドックスで飽きのこないバラエティーに富んだお料理をご提供します。ご家族三世代揃ってご利用頂けるファミリーダイニングとしてもお楽しみいただけます。

ビアホールですので、ビールも頼みました。

ヒューガルデンホワイト

ヒューガルデンホワイトの生です。