こんな事件がありました。

ホテル阪神(大阪市福島区)の料理人に月100時間を超える時間外労働をさせていたとして、西野田労働基準監督署(大阪市)は12日、ホテルの男性総支配 人(56)と運営会社の阪急阪神ホテルズを、労働基準法違反の疑いで書類送検したと発表した。料理人の男性が倒れて死亡し、発覚した。総支配人は「人手が 不足していた」と話し、容疑を認めているという。

 送検容疑は昨年7月、労使協定で定めた上限の月60時間を超える時間外労働を、男性にさせたとしている。

 労基署によると、男性(当時54歳)は昨年8月上旬に倒れ、脳幹出血で死亡。前月の7月に月101時間の時間外労働をしていた。男性を含め4人が90時間以上の時間外労働をしていたという。

まぁ、個人で開業されている人は、このぐらいの時間はあり得ると思いますがが、労働時間が長くなると集中力や味覚も落ちるし、お客さんにとってはまったくいいことはないですね。人の確保は難しいですが、その代償は大きいと思います。

桃の節句のお食事には、ちらし寿司と蛤のお吸い物です。

ちらし寿司の具である

  • 海老(=長生き)
  • れんこん(=見通しがきく)
  • 豆(=健康でまめに働ける)

縁起のいい具がお祝いの席にふさわしく見た目も華やかなことから、ちらし寿司が定番料理となった。

また、蛤のお吸い物ですが、はまぐり貝はひとつひとつ貝の形が違い、
対になっているものでないとピッタリ合うものがないことからピッタリあう良い伴侶に恵まれるようにとの願いを込めて
桃の節句のお食事に出すようになったようです。

にぎり寿司

にぎり寿司

明治が、2月下旬から「ブルガリアヨーグルトLB81プレーン(450g)」への砂糖の添付を終了すると発表した。新たに独自製法「まろやか丹念発酵」を使用して、よりまろやかなおいしさへとリニューアルするのにあわせたものという。

同社は理由として、近年ヨーグルトの食べ方が多様化し、消費者が添付の砂糖を使用しなくなったことや、価格・健康効果などを比較し検討した結果、添付砂糖の重要性が非常に低いことが分かったことを挙げている。

砂糖無しで、新しく生まれ変わる明治ブルガリアヨーグルト。この機会に新しい食べ方を再発見してみてはいかがだろうか。

農作物や在来種に被害をもたらし、生態系を脅かす鳥獣たち。しかし、見方を変えれば「害獣」は高級食材でもある。

ブラックバス

とても淡泊で食べやすい。名神高速道路大津SA(下り線)でブラックバスのフライを挟んだ「びわ湖BASSバーガー」を販売

マンボウ

三重県産「串まんぼう」。冷凍の状態のものをフライパンやホットプレートに載せて弱火で5分程度焼き、塩コショウなどをかければできあがり。コリコリした歯ごたえで、“鶏肉ややナンコツ寄り”な感じ。

トド

北海道の羅臼名物「トド肉の大和煮」の缶詰。見た目はほぼ黒に近い茶褐色で、肉と魚の中間のような独特の食感のトド肉は、噛むとホロホロとほぐれていく。こってり醤油と生姜のアクセントが効いた濃い味付けは、クセの強いトド肉にマッチ。

[adrotate banner=”1″]